セキセイインコに惹かれました

可愛い!!セキセイインコは今人気なのです

小さくて色がきれいで、人にもなつっこくて、インコは昔から日本でもペットとして飼われている方が多いのですが、中でもペットの鳥としてもっとも日本人になじみの深い鳥が「セキセイインコ」ではないでしょうか。
最近は別の鳥などが人気となってきていますが、昔からペットとして飼われていたのはインコです。

セキセイインコも言葉をしっかり覚えてくれるし、費用もそれほど高くないので手軽に購入できるということもあります。
勿論これから購入しようと思っている方は、命あるものを預かったのだという気持ちをもって接しなければなりません。

首をひょこひょこ動かすセキセイインコはそのしぐさも可愛く、固体にもよりますが、言葉を覚えてお話してくれ鵜子もいます。

セキセイインコを飼いたい

セキセイインコはインコ目インコ科、全長は20cm弱というくらいで嘴が短く、尾が長一タイプのインコです。
飼育する鳥として人気が高いこのセキセイインコは原産国オーストラリア、乾燥している地域群れを作って生活しているのですが、ペットとして飼われているインコは、通常、1羽、2羽くらいで買われています。
白、黄色、紫、混色などがあり、どれも美しいです。

ペットとして飼うセキセイインコの選び方

見てわかるようにセキセイインコというのは、非常に弱く、繊細な生き物で 、病気にもなりやすいですし、死んでしまうことも多く、日本という機構の中で暮らすのはとても厳しい鳥なんです。
暑い真夏、寒くなる真冬などに生まれたセキセイインコは、ヒジョウンに体が弱く成長しにくいといわれていますし、病気にもかかりやすくなります。

そのため、ペットとして飼うならば、春、秋に生まれた安定している子を選ぶ方がいいと思います。
セキセイインコに言葉を話してほしいという願いをお持ちの方は、男の子、実はセキセイインコの女の子はほとんど話をしないのです。

ヒナの状態でメスとオスの区別がつきにくいのですが、セキセイインコの鼻の色を見るとわかります。
花の色が青っぽいのがオス、茶色っぽいのがメスだそうです。

話始めると本当に可愛いいセキセイインコ

育てる時には鳥かご、水桶、バードルーム、給餌器、あわ玉など、だいたい1万円位でセキセイインコを育てるグッズが揃います。
このグッズにそれほど金額がかからないということも、セキセイインコの魅力なのかもしれません。

セキセイインコのおもちゃなども売られていて、ストレス解消になるということから多くの方が購入してセキセイインコと遊んでいるようです。
またセキセイインコにも好きな味の餌があるようなので、好きな餌が何か、最初はこぶくろなどを購入して試してみるといいと思います。